活動方針

2020-2021年度

地域奉仕・YMCAサービス事業方針
                        次期地域奉仕・YMCAサービス事業主任
        小原史奈子(東京たんぽぽ)

 

事業主題:「ワイズが地域とYMCAをつなぐ架け橋になろう」
副題:  「今の私に出来る事から始めよう、続けよう」
活動方針
今、私たちは国内外で広がる貧困や格差、気候変動による環境問題など多くの課題に直面しています。SDGs(持続可能な開発目標)を合言葉に、行政、教育機関、企業、市民社会、学生団体など様々な立場の人たちが2030年をゴール目標に活動を始めました。YMCAが目指すSDGsは、日本YMCA同盟発行の機関紙THE YMCA表紙右上にその月のテーマに合った目標(平和、パートナーシップ 等)が印されています。ワイズメンズクラブが行っている活動も、SDGsの目指す「誰も置き去りにしない社会作り」と共通するテーマがあるのではないでしょうか。クラブ、メンバーそれぞれが意識を外へ向け一人ひとりが広報担当となり、地域社会とYMCAをつなぐ架け橋になってください。
活動内容
ワイズメンズクラブ国際協会の国際憲法第2条第3項には、ワイズメンズクラブの目的として「まず第一にYMCAのためのサービスクラブとして活動する」とあり、次に「その他にワイズメンにふさわしい団体を支援する」とあります。
・YMCAサービス事業
① YMCAとワイズメンズクラブの相互理解を深め、YMCAのプロジェクトに参加する
② すべてのワイズメンズクラブ会員は関連地区のYMCA会員になることが望まれる
③ YMCAの指導者育成の為の財的援助(ASF)に協力する
・CS(Community Service)地域奉仕活動
地域社会が抱えている問題解決のためにYMCAや他の団体と協力し、地域への奉仕活動を行う
① 1クラブ1活動の推進
② 現在実施している地域奉仕活動の継続と新しい地域奉仕活動の計画
③ CS・FF献金へ協力のお願い  
活動計画
・地域奉仕・YMCAサービス写真コンテスト
・地域奉仕・YMCAサービス報告書の提出
各クラブ、部の行っている地域奉仕活動・YMCAサービス事業を広く発信すると共に、活動記録を共有できるように工夫し、次期へ引き継ぐ
表彰項目
地域社会奉仕(CS)献金達成賞、献金最優秀賞
Alexander Scholarship Fund(ASF)献金達成賞、献金最優秀賞
Family Fast (FF) 献金達成賞、献金最優秀賞

2020-21 CS Yサ事業方針.pdf
PDFファイル 478.8 KB
2019-2020地域奉仕・YMCAサービス事業主任方針.pdf
PDFファイル 224.5 KB
2018-2019年度 東日本区地域奉仕・Yサービス事業主任方針.pdf
PDFファイル 95.6 KB